徳川十五代クイズ

徳川家歴代将軍

約260年続いた江戸時代。

それは15代にわたる徳川将軍の歴史でもあり、それぞれの人生や業績、時代背景が存在します。

徳川十五代クイズで、まずは15人の名前を覚えてみましょう。その後は徳川家康クイズに挑戦してください。

6 票, 3.8 平均
1067

三択クイズ

徳川十五代の名前を順番に選択してください

合格ライン60点~

1 / 15

初代

2 / 15

二代

3 / 15

三代

4 / 15

四代

5 / 15

五代

6 / 15

六代

7 / 15

七代

8 / 15

八代

9 / 15

九代

10 / 15

十代

11 / 15

十一代

12 / 15

十二代

13 / 15

十三代

14 / 15

十四代

15 / 15

十五代

あなたの正解数は

クイズ挑戦者の平均正解率は 58%

このクイズの感想をお聞かせください

成績上位TOP10

番号ユーザー名正解率時間成績
1ゲストさん100 %36 秒15 / 15
2ゲストさん100 %38 秒15 / 15
3ゲストさん100 %40 秒15 / 15
4ゲストさん100 %40 秒15 / 15
5ゲストさん100 %41 秒15 / 15
6ゲストさん100 %41 秒15 / 15
7ゲストさん100 %41 秒15 / 15
8ゲストさん100 %42 秒15 / 15
9ゲストさん100 %42 秒15 / 15
10ゲストさん100 %42 秒15 / 15
このクイズの作成者
クイズサイト.jp

暴れん坊将軍でおなじみ(?)の徳川吉宗ですが、海外文化への興味が旺盛で、なんとベトナムからゾウを輸入しています。長崎に上陸したゾウは自らの脚で江戸に向かい、当時の人たちの間でブームになりました。詳細

クイズのジャンルから選ぶ

クイズの答えと解説

1問目の答え
初代徳川将軍は?

答え:徳川家康(在職:1603-1605)

解説:家康は戦国時代の終わりに日本を統一し、江戸時代を開始した初代将軍です。彼の政治手腕と戦略は、日本の長期的な平和と安定を確立する基盤を作りました。

2問目の答え
2代徳川将軍は?

答え:徳川秀忠(在職:1605-1623)

解説:家康の息子で、父の遺志を継いで幕府を安定させました。また、彼の在任期間中には、文化的な発展が見られ、特に茶道や能楽が盛んになりました。

3問目の答え
3代徳川将軍は?

答え:徳川家光(在職:1623-1651)

解説:家光は幕府の権力を強化し、日本の鎖国政策を推進しました。これにより、日本は外部の影響から隔離され、内部の平和と安定が維持されました。

4問目の答え
4代徳川将軍は?

答え:徳川家綱(在職:1651-1680)

解説:家綱の在任期間中、江戸は急速に発展し、人口が増加しました。また、彼の時代には浮世絵や人形浄瑠璃などの文化が発展しました。

5問目の答え
5代徳川将軍は?

答え:徳川綱吉(在職:1680-1709)

解説:綱吉は享保の改革を行い、また「生類憐みの令」で知られる動物愛護の法を制定しました。これは、動物に対する虐待を禁止するという、その時代としては非常に先進的な法律でした。

6問目の答え
6代徳川将軍は?

答え:徳川家宣(在職:1709-1712)

解説:家宣の在任期間は短く、特に目立った政策はありません。しかし、彼の在任期間中には、江戸の文化がさらに発展しました。

7問目の答え
7代徳川将軍は?

答え:徳川家継(在職:1713-1716)

解説:家継は幼少期に将軍になり、短命でした。彼の在任期間は特に注目すべき出来事はありません。

8問目の答え
8代徳川将軍は?

答え:徳川吉宗(在職:1716-1745)

解説:吉宗は享保の改革を推進し、幕府の財政を立て直しました。また、彼は農業の改善や新たな産業の開発を推進し、江戸時代の経済発展に大いに貢献しました。

9問目の答え
9代徳川将軍は?

答え:徳川家重(在職:1745-1760)

解説:家重の在任期間中、幕府の権力を維持し、文化の発展を推進しました。しかし、彼の治世は特に目立った出来事がなく、平穏な時期でした。

10問目の答え
10代徳川将軍は?

答え:徳川家治(在職:1760-1786)

解説:家治の在任期間中も、幕府の権力を維持し、文化の発展を推進しました。彼の治世は、文化的な発展が特に目立つ時期でした。

11問目の答え
11代徳川将軍は?

答え:徳川家斉(在職:1787-1837)

解説:家斉の在任期間は50年と非常に長く、その間に幕府の衰退が始まりました。しかし、彼の治世は文化的には非常に豊かで、特に浮世絵や歌舞伎が大いに発展しました。

12問目の答え
12代徳川将軍は?

答え:徳川家慶(在職:1837-1853)

解説:家慶の在任期間中、日本は外圧に直面しました。特に、アメリカのコモドア・ペリーによる黒船来航は、日本の鎖国政策に終止符を打つきっかけとなりました。

13問目の答え
13代徳川将軍は?

答え:徳川家定(在職:1853-1858)

解説:家定の在任期間中、幕府の衰退が進み、開国を余儀なくされました。彼の治世は、日本が西洋の圧力によって開国を迫られた時期でした。

14問目の答え
14代徳川将軍は?

答え:徳川家茂(在職:1858-1866)

解説:家茂は幕府の最後の強力な将軍で、尊王攘夷運動に直面しました。彼の治世は、幕府の終焉と明治維新の始まりを告げる時期でした。

15問目の答え
15代徳川将軍は?

答え:徳川慶喜(在職:1867-1868)

解説:慶喜は最後の将軍で、明治維新を迎える前夜に将軍を辞任しました。彼の辞任は、幕府の終わりと新たな時代の始まりを象徴しています。

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする