バスケ好きに贈る!楽しく学べるクイズ15問

バスケクイズ

バスケットボールが大好きで、もっと知識を試してみたい方必見!

今回は、バスケットボールに関する簡単なものから難問まで楽しめるクイズを15問ご用意しました。

NBAファンも楽しめる内容ですので、ぜひチャレンジしてみてください!

11 票, 4 平均
875

バスケットボールクイズ

合格ライン60点~

1 / 15

1. NBAのチーム数はいくつ?

2 / 15

2. バスケットボールのコート上にいる選手の数は?

3 / 15

3. FIBAのルールで定められている3ポイントシュートの距離は?

4 / 15

4. NBAのシーズンMVPを6回受賞した選手は?

5 / 15

5. オリンピックのバスケットボール競技で、最も多く金メダルを獲得している国は?

6 / 15

6. 以下の中で、バスケットボールのポジションではないのは?

7 / 15

7. FIBAのルールでは、バスケットボールの試合で、1チームが持つタイムアウトの回数は何回まで?※延長を除く

8 / 15

8. NBAで最も多くのポイントを獲得した選手は?

9 / 15

9. 日本プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)が始まったのはいつ?

10 / 15

10. バスケットボールの試合で、1チームが1クォーター内で犯すことができるファウル数の上限は?

11 / 15

11. バスケットボールのショットクロックは何秒?

12 / 15

12. バスケットボールの試合時間は?

13 / 15

13. オフェンスリバウンド後、ショットクロックがリセットされる秒数は?

14 / 15

14. バスケットボールの試合(​FIBA主催を除く)で、背番号は何番まで使える?

15 / 15

15. 以下の選手のうち、NBAで活躍し、愛称が「マジック」である選手は誰?

あなたの正解数は

クイズ挑戦者の平均正解率は 62%

このクイズの感想をお聞かせください

このクイズの作成者
クイズサイト.jp

驚異的な身体能力で得点王を10回獲得し、「バスケットボールの神様」と呼ばれるマイケル・ジョーダンですが、優れていたのは攻撃能力だけではありません。彼は9回オールディフェンシブチームに選ばれ、1988年にはNBA最優秀守備選手賞に選出されています。出典

クイズのジャンルから選ぶ

クイズの答えと解説

1問目の答え
NBAのチーム数はいくつ?

答え:30

解説:NBAのチーム数は30チームです。​アメリカとカナダの全30チームが加盟し、​そのうちの15チームずつが東西2つのカンファレンスに分けられており、​さらに各カンファレンスにおいては5チームずつが3つのディビジョンに分けられています。出典

2問目の答え
バスケットボールのコート上にいる選手の数は?

答え:10人

解説:バスケットボールでは、各チームが5人の選手をコート上に送り出します。合計で10人がプレーします。ただし、​チーム全体の人数は10人から15人程度であることが一般的です。出典

3問目の答え
FIBAのルールで定められている3ポイントシュートの距離は?

答え:6.75m

解説:FIBAのルールでは、3ポイントラインは6.75mです。2010年10月からスリーポイントラインがこれまでより50センチメートル遠い6.75メートルに改定されました。​一方、​NBAのスリーポイントラインは7.24mで、​国際ルールと異なります。出典

4問目の答え
NBAのシーズンMVPを6回受賞した選手は?

答え:カリーム・アブドゥル・ジャバー

解説:カリーム・アブドゥル・ジャバーは、NBAのシーズンMVPを6回受賞するなどNBAで23シーズンプレーし、​史上最高の選手の一人として広く認められています。マイケル・ジョーダンは2位の5回です。出典

5問目の答え
オリンピックのバスケットボール競技で、最も多く金メダルを獲得している国は?

答え:アメリカ

解説:アメリカは、オリンピックのバスケットボール競技で最も多くの金メダルを獲得しています。現時点(2023年)までに男子16、女子9の25個の金メダルを獲得しています。

6問目の答え
以下の中で、バスケットボールのポジションではないのは?
A. ライトバック
B. ポイントガード
C. フォワードセンター
D. シューティングガード

答え:ライトバック

解説:ポイントガードはチームの司令塔、フォワードセンターは近年増加傾向にあるユーティリティープレイヤーの一種、シューティングガードはチームの得点を獲得とボールを奪うことが役割です。ライトバックはバスケットボールのポジションではなく、サッカーのポジションです。出典

7問目の答え
FIBAのルールでは、バスケットボールの試合で、1チームが持つタイムアウトの回数は何回まで?※延長を除く

答え:5回

解説:FIBAのルールでは、1チームが持つタイムアウトの回数は、​前半2回、​後半3回の5回​までと決められています(延長戦では1回まで)。​ただし、​NBAでは1試合のタイムアウトは7回までと定められています。​また、​タイムアウトの時間は60秒間で、​作戦伝達や休息のために使用されます。出典

8問目の答え
NBAで最も多くのポイントを獲得した選手は?

答え:レブロン・ジェームズ

解説:2023年2月7日に、レブロン・ジェームズ(レイカーズ)が通算38,388点を獲得(現在も更新中)し、NBA史上最も多くのポイントを獲得した選手となりました。カリーム・アブドゥル・ジャバー38,387点、コービー・ブライアント33,643点、マイケル・ジョーダン32,292となっています。出典

9問目の答え
日本プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)が始まったのはいつ?

答え:2016年

解説:日本プロバスケットボールリーグ(B.LEAGUE)は2016年に発足しました。​それ以前には、​bjリーグやJBLといったバスケットボールリーグが存在していました出典

10問目の答え
バスケットボールの試合で、1チームが1クォーター内で犯すことができるファウル数の上限は?

答え:5回

解説:バスケットボールの試合では、1チームが1クォーター内で犯すことができるファウル数の上限は5回です。この数を超えると、相手チームにペナルティフリースローの機会が与えられます。出典

11問目の答え
バスケットボールのショットクロックは何秒?

答え:24秒

解説:FIBAとNBAのルールでは、ショットクロックは24秒です。ショットクロックとは、​オフェンス側がボールを保持してから24秒以内にシュートを打たなければならないというルールです。出典

12問目の答え
バスケットボールの試合時間は?

答え:40分

解説:FIBAのルールでは、バスケットボールの試合時間は40分(各10分のクォーターが4つ)です。NBAでは48分(各12分のクォーターが4つ)です。出典

13問目の答え
オフェンスリバウンド後、ショットクロックがリセットされる秒数は?

答え:14秒

解説:FIBAとNBAのルールでは、オフェンスリバウンド後、ショットクロックは14秒にリセットされます。以前は24秒にリセットされていましたが、​ルール改正により14秒に変更されました。​出典

14問目の答え
バスケットボールの試合(​FIBA主催を除く)で、背番号は何番まで使える?

答え:99

解説:バスケットボールの試合では、1チームのプレイヤーが最大で着用できる背番号は99番です。一方、FIBA主催の大会では、​選手の背番号は4から15までの数字を使うことが決められています。出典

15問目の答え
NBAで活躍し、愛称が「マジック」である選手は誰?

答え:アーヴィン・ジョンソン

解説:アーヴィン・ジョンソンは、「マジック・ジョンソン」という愛称で知られているNBAで活躍した選手でNBAのレジェンドの一人です。​彼は、​引退後はHIVウイルスのためのスポークスマンとして活動しています。出典

  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする


The reCAPTCHA verification period has expired. Please reload the page.